長所・短所

心因性早漏治療の場合の安い治療では塗り薬だけではなくメンタルケアなどクリニック治療が必要

心因性早漏を治療するためには

早漏には色々な種類がありますが、その中でも多いのが心因性の早漏です。
身体ではなくメンタル面の異常によって、性交渉の際に早い段階で射精をしてしまう症状が代表的です。
具体的な原因は人それぞれで、性交渉そのものへの緊張感やパートナーの女性を満足させなければならないといったプレッシャーなどが考えられます。
また一度早漏になってしまえば、性交渉に自信を失くし、さらに早漏の症状が悪化する恐れもあります。

そんな心因性の早漏治療では、カウンセリングなどのメンタルケアが中心となります。
そして自信を取り戻すことで、問題なく性交渉ができる状態を目指します。
さらに場合によっては日常的なストレスが、早漏の原因となっていることもあります。
その早漏治療では、ストレスを解消させなければなりません。
その場合も同様にカウンセリングを行い、抱え込んでいる悩みを他者に聞いてもらったり、解決策を提示してもらったりするなどで改善を図ります。

塗り薬と心因性早漏は相性が悪い

早漏治療の安い方法としては、市販されている塗り薬を使用するという選択肢もあります。
安いので簡単に始められるのが大きな強みですが、心因性の早漏にはあまり効果が期待できません。
安い市販薬は大抵、麻酔によって性器を鈍感にさせることで、早漏治療を図ります。
つまり身体的に性器が敏感であることが原因で、早漏になっている場合に有効的です。

心因性の早漏は身体ではなく精神的な原因なので、いくら安い市販薬を使用したとしても、直接的な解決にはなりません。
場合によっては性器が鈍感になって性交渉が続けやすくなり、自信を得て早漏が改善できる可能性はあります。
しかしあくまでも稀な例で、心因性の早漏治療で有効的なのはメンタルケアです。
したがって自身の早漏が心因性のものだとわかっているにも関わらず、塗り薬で何とかしようとするのは止めた方が無難です。
いくら安いからといっても、効果が出ないのであれば、無駄な出費になってしまいます。

まとめ

早漏治療で大切なのは、最初に原因をしっかり突き止めることです。
早漏治療は原因によって内容が変わり、適切でない対処法ではあまり効果が期待できません。
そしてやってしまいがちなのが、心因性の早漏に対して塗り薬を使用してしまうパターンです。
確かに塗り薬は安いので簡単に始められますが、心因性にはあまり効果はありません。
そのようなことにならないよう、まずは専門機関に相談して、早漏の原因を突き止めるところから始めた方が無難でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。