長所・短所

安い早漏治療の代表的なものは薬局やドラッグストアで市販される塗り薬

早漏治療は安い塗り薬を使うという手もある

早漏治療には色々な種類がありますが、大抵は最終的に高い費用がかかります。
中には自費診療扱いとなるため、数万円から数十万円ほどになる治療方法もあります。
もちろん確実性の高い早漏治療ですが、それほどの高額な費用は中々用意できないという人もいるでしょう。
そんな人はまず、市販されている塗り薬を使用してみるのもひとつの手です。

早漏治療で使用する塗り薬は、他の早漏治療よりも価格が安いのが特徴です。
数千円程度で購入可能なので、そこまで痛手にはならないでしょう。
そんな安い塗り薬の効果は、麻酔に近いものです。
したがって刺激に弱いタイプの早漏治療に使用するのに適しています。
基本的な使い方は男性器に塗布する形で、それからしばらくの間は刺激を感じにくくなります。
そうすると性交渉の刺激も和らげることができ、早い段階で果ててしまうのを防げるという仕組みです。
その安い塗り薬は、早漏治療専用のものの他に、同様の成分を期待して別の用途の薬を選択するという手もあります。

あくまでも一時的な効果

安いのが強みである塗り薬ですが、その恩恵を受けられる人は限られます。
あくまでも男性器が敏感なせいで、早い段階で果ててしまう人のみが対象です。
早漏にはその他にも、精神的なプレッシャーが原因になっている場合がありますが、その場合には塗り薬はあまり高い効果は発揮できません。
カウンセリングを受けるなどして、メンタルの方を改善する必要があります。

また塗り薬の効果は、あくまでも一時的なものです。
早漏そのものを直接的に改善するわけではありません。
麻酔効果による性交渉を繰り返していくと、その状況に男性器が慣れる可能性はあります。
しかしそれも確実ではないため、根本から改善するためには高額な早漏治療を受ける必要があります。
ただ塗り薬を使用すれば問題なく性交渉できるのであれば、他の治療を受けずに済むかもしれません。
けれどいつまでたっても早漏自体が改善せず、塗り薬代が嵩むことで、最終的に高額になる可能性はあります。

まとめ

早漏治療に使用できる市販の塗り薬は、一般人でも問題なく使用できるように、ある程度効果を薄めてあります。
けれど正しく使用すれば、早漏の症状を和らげることができるかもしれません。
特に男性器が敏感過ぎることが原因だとはっきりわかっている人は、塗り薬の高い効果が期待できます。
悩むくらいであれば、とりあえず試してみると良いでしょう。
そこまで高くはないので、もし期待した効果が得られなかったとしても、大きなダメージにはならないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。